So-net無料ブログ作成

トライゴーニックとは? 2016-06-18

 
 こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。


 はしょり癖、がついているようで、最近ちょっと反省の日々です。

 基本的な部分を割愛してしまうと言いますか・・・。
「今さらこのことは説明しなくてもいいよね」と思ってしまい、省いて
しまう。
 すると、ウェブを閲覧している方は誰もが石に詳しいわけではないの
で、専門用語や表現に、何のことやら???

 困りますよね。

 石好きが高じて仕事にしてしまい、何年も経つと、こんな良くない癖
が付いてしまいます。

 先週、久々にアイスクリスタルをアップしたのですが、その商品説明
で「トライゴーニック」について言及しているのですが、「これって何
ですか?」というご質問を頂きました。
   ↓
アイスクリスタル
アイスクリスタルの画像



 リンクしてあるアイスクリスタルの意味ページで解説してはいるので
すが、今ひとつ伝わっていない感もあります。
   ↓
 アイスクリスタルの意味
 http://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/icecrystal.html


 そこで今回のメルマガで、トライゴーニックについて少し詳しくお伝
えしたいと思います。


----------------


 何はともあれ、トライゴーニックの画像をご覧ください。
   ↓
icecrystal_02_l.jpg


 白く光った面に、逆三角形の模様が無数に浮き出ている様子が分かる
と思います。
 この逆三角形の模様を、トライゴーニック(trigonic)と呼びます。

 アイスクリスタルには、こうしたトライゴーニックが出ている石が多
くあります。
 とはいえ、画像では、ライトをハレーション気味に当てているのでは
っきり写っていますが、微細な模様が多いので、普通に室内灯下で見る
と見つけづらいかもしれません。ゆっくり動かしながら、光が反射する
角度で観察するのがコツです。


 さてでは、なぜ水晶にこのような模様が浮かぶのか、という鉱物的な
点から。

 水晶は成長する際に三角形の結晶(正四面体)を形作りながら大きく
なっていきます。もちろん結晶自体は微細で、それが連なることで目に
見える水晶になります。
 水晶ポイントの先端が三角形なのは、結晶の形ゆえのことです。

 結晶が大きくなるスピードは一様ではないので、表面にわずかな凸凹
ができる場合があり、この凸凹が、成長過程では上向きの三角形(△)
の模様として浮き出ている場合があります。
 これを「成長丘」と呼びます。
  ↓
 成長丘のサンプル
80616_dL.jpg

 水晶は大きく結晶していくばかりではなく、外部要因により時として
表面が溶けることがあります。結晶したり、溶けたり、また結晶したり
して成長します。
 溶けることを蝕像現象と呼び、はっきり溶けた部分のある水晶は蝕像
水晶と呼ばれます。アイスクリスタルは溶解が進んだ、典型的な蝕像水
晶です。
 表面が溶けると、成長丘と成長丘の間が凹んで、逆三角形(▼)の模
様が浮き出る場合があります。これを「蝕丘」と呼びます。

 成長丘や蝕丘を総称して成長痕と呼んだりしますが、目に見える形で
必ず現れるわけではありません。

 スピリチュアル系の石の理解では、成長丘のことをレコードキーパー
と呼び、蝕丘のことをトライゴーニックと呼びます。

 (水晶の成長痕)
 ・結晶が成長すると→ △ 成長丘=レコードキーパー
 ・結晶が溶け出すと→ ▼ 蝕丘 =トライゴーニック


----------------


 というわけですので、鉱物的な観点から見れば、そこに不思議も神秘
もありません。
 すべて自然の仕組みとして解明できます。

 しかし、物事を物理的な仕組みだけで説明しようとすると、最も大切
な何かを見落としている気がしないでしょうか?


 たとえば、テレビとは何か?
 これこれの部品がこのように配列され、外部から電気と電波を入力す
ることで、光の信号を絵画のように映し出すマシン、というだけで説明
できるでしょうか?
 実際のテレビは、もっと広範囲な意味を持ちます。

 テレビは、遠くで起きたニュースを遠隔透視のように伝えたり、明日
のお天気を予言したり、人を喜ばせたり悲しませたりする娯楽を提供し
ます。
 マシンとしてのテレビとはまったく別の場所で、記者が事件を追い、
気象予報士が観測し、俳優があなたとは別の人生を演じ、お笑い芸人と
いう名の道化師たちが一生懸命ネタを考えます。

 それらがすべていったん光の信号となり、テレビのモニターで再生さ
れると、今度は閲覧者である私たちが、あらゆる場所でそれを受け取り
ます。慌ただしい朝食のテーブル越しから深夜の孤独なリビングまで。
受け取り手は百人百様の感情と思考を発生させ、大なり小なり次の生き
方に影響を受けます。

 こうした一連の動きを包括しないと、テレビの持つ意味は説明できな
いのではないでしょうか。


----------------


 話がわき道にそれましたが、物理的な仕組みを越えて理解しようとす
ると、テレビとは違い、石の場合はどうしても実証がないものになりま
す。それを踏まえたうえでの話になります。


 簡単に言えば、トライゴーニックとは、あの世とこの世をつなぐもの
です。

 あの世という言い方が不適切なら、三次元を超えた高次元、個人の意
識を越えた超意識と言えるでしょうし、つなぐものという表現は、「通路」
「パターン化されたデータ」「鎖」というイメージに置き換えられます。

 スピリチュアルに興味をお持ちの方なら、死は一切の終わりではなく、
一時的に分離してこの世で生きていた魂が、もと居た光の集合世界へ帰
郷するようなものであるということは聞いたことがあるでしょう。
 臨死体験をした方が、人生の体験を一瞬にして走馬燈のように見たり、
トンネルを抜けて光の世界を覗いたり、光によって呼び戻されたという
話も聞いたことがあるでしょう。

 トライゴーニックは、ある意味、こうした別世界への通路であり、そ
の人の体験や記憶をデータ化するときの形であり、肉体と魂をつなぐ三
角形のチェーンであると言われています。


 通常、私たちはこの世で生きる体験に集中するために、本来の自分は
どういった者であるか、過去世の体験や今生のライフプランといった情
報からは隔絶されています。
 しかしそうした「本来の自分」に関する情報が必要である場合や、情
報にアクセスしたほうが良い段階に来ている人もいらっしゃるでしょう。

 そうした人にとって、水晶に刻まれた逆三角形は、情報にアクセスす
るための「通路」となったり、情報を転写して受け取るデータそのもに
なったり、意図せず向こう側に行ってしまわないための「鎖」になって
くれたりするとされます。

 トライゴーニックを活用することにより、人間の存在を肉体を越えた
ものとして理解できたり、過去世の情報を得てこれまでの謎が解けたり、
それらを包括する気づきを得る人もいるでしょう。
 それ故に、トライゴーニックが浮き出た水晶はシャーマニックな石で
あると言われるわけです。


 しかしもちろん、すべての人にこうした現象が起こるわけではありま
せん。「気づき」のためのタイミングや、一定の意識段階に達している
必要はあるでしょう。
 とはいえ、こうしたストーリー自体に興味を持つことは、気づきの到
来を早めることに役立つでしょうし、トライゴーニックの出た水晶を持
つことで、現象面での転換が起こってくるかもしれません。


 再度、要約すれば、トライゴーニックは、あの世とこの世をつなぐも
のです。

 そうした特質ゆえに、肉体を越えた本来の自分を認識したい、気づき
を得たい、より精神的に進化していきたい、ターニングポイントを迎え
たいと望む方にはぴったりです。

 また魂の故郷に帰郷しようとしている方が持つならば、新しい世界へ
の怖れをなくし、この世での体験をきちんと整理し、執着を捨て、安心
して旅立つための助けとなるでしょう。

 逆に、この世に誕生して来ようとする小さな魂を宿している母親のた
めにも適切です。母胎と胎児をつなぐへその緒のように、三角形の光の
鎖が二つの魂をつなぎ、誘い、スムーズにこの世に現れる助けとなって
くれるでしょう。


※なお、水晶に浮かぶ上向きの三角形模様(成長丘)=レコードキーパ
ーについては、また別の機会でお伝えしたいと思います。


 ではまた次回。
 祈開運!




【今週の開運金言】

「明日死ぬかのように生きろ。永遠に生きるがごとく学べ」
(マハトマ・ガンジー『ガンジー・自立の思想—自分の手で紡ぐ未来』)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』からコラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0