So-net無料ブログ作成

アダムとイブが食べた禁断の果実は、りんごではなかった 2019-01-19

 
こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/

どうもお正月に食べ過ぎてしまったようで、このところお腹がもたれ気味。
そこで節制すべく、山芋をたっぷりすり下ろして熱々ご飯にかけただけのシンプ
ルな夕飯で済ましたら、翌日はけっこうすっきりしました。

山芋効果、おそるべしです。


さて今週は山芋の話題・・、ではなく、りんごの話題です。
サイト上に可愛いりんごの形をした石をアップしましたので、りんごにまつわる
ちょっと面白い話をお届けしたいと思います。
  ↓

愛のりんご ~ ローズクォーツりんごオブジェ
愛のりんご  ローズクォーツりんごオブジェのサンプル画像

https://www.kaiun-navi.jp/navi/goods/item/01119.html


りんごにまつわる伝説といえば、まっさきに出てくるのはアダムとイブですよね。
神様から「絶対に食べちゃあかん!」と言われていた禁断の果実を食べ、エデン
の園から追い出されてしまったというエピソード。

「禁断の果実」はりんごだった、というのが私たちの知るお話ですが、実はどう
もそうではないようなのです。

アダムとイブの物語が展開されている旧約聖書には、禁断の果実がりんごだった
とは書かれていません。何の果実だったか、記載はないのです。
ただ「善悪の知識の木」の果実であるとされているだけです。

そもそも古代のリンゴは今の杏(あんず)程度の大きさしかなく、食用として食
べられていなかったようですし、原産地は寒冷な中央アジアであり、エデンの園
があったとされる中東地域のような気候では育たない果物です。

一説には、禁断の果実は「マルメロ」と呼ばれる花梨の一種だったのではないか、
とも言われています。


ではなぜ禁断の果実=りんご、ということになったかと言えば、
諸説ありますが、時代が下がって、聖書をラテン語やギリシャ語に翻訳した際、
「善悪の」という言葉が誤訳され、発音が似ているりんごと混同されてしまった
のではないか、という説が有力です。

また、ギリシャ神話には、神々が黄金の林檎を自分のものにしようと相争うスト
ーリーがあり、不和をもたらす果物というイメージがあったのかもしれません。


しかし古代ギリシャでは、りんごは愛の象徴でもあり、結婚式の際に用いられる
重要なアイテムでした。
結婚しようとする男女は、式場に入場するとき、豊かな愛情を育む証としてひと
つのりんごを食べ合ったのだそうです。

現代でも、りんごは「愛を象徴する」モチーフとして、結婚式の際、装飾などに
も用いられたり、欧米では丸ごとひとつかじったりします。
それはこんな伝説もあるからなのでしょう。


昔々、天国にいる神様は、愛を誓った男女をひとつのりんごにまとめて、地上へ
ぽーん、ぽーん、と投げていたそうです。
ところが地上に落ちた(生まれた)瞬間、りんごは二つに割れてしまい、まとま
っていた男女は離ればなれになってしまいます。
そこで人間は、成長過程で離ればなれになったパートナーを探すことになるのだ
とか。
結婚とは、離ればなれになった男女が、ひとつだった元のりんごに戻ることだっ
たというわけです。

結婚式場の入口でひとつのりんごを食べ合うというのも、なんとなく分かる気が
しますね。


 パワーストーンの意味は「パワーストーンなび」へどうぞ
 https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html


それではまた次回。
祈開運!



【今週の開運金言】

「まだあげ初めし前髪の
 林檎のもとにみえしとき
 前にさしたる花櫛の
 花ある君と思ひけり」
(島崎藤村『初恋』)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』から
コラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10億円の借金があった陣内孝則さん、ドラゴンタートルで完済? 2019-01-12

 
こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/

さて、今週はちょっと面白いモノが入りましたので、急遽コラムにてご紹介させ
ていただきます。
それに関連して、まずは、陣内孝則さんのエピソードから。


陣内孝則さんといえば、1980年代からロック歌手として、俳優として、そして喋
りの上手いタレントとして、今でも大活躍されていますよね。

昨年還暦を迎え、日本テレビの『誰だって波乱爆笑』に出演した際は、きれいな
白髪姿で、相変わらずおしゃべりは面白く、これまでの人生を面白おかしく話さ
れていらっしゃいました。

それによると、かつて借金が10億円もあったのだとか。

ときはバブル真っ盛りの時代。
バリバリ働いていた陣内さんは、不動産投資を行ったり、タンス屋をしている実
家の借金を肩代わりしてあげたそうですが、バブルはあえなく破裂。みるみる借
金が膨らんだのだそうです。

そんなおり、ある旅番組で香港に行ったときのこと。
予言の書とかを発行して、ズバズバ当てている有名な占い師さんがいるからと連
れて行かれたそうです。

占い師さんは、陣内さんを鑑定して曰く「今年白い家畜を飼いましたね?」

農家じゃないんだから、家畜なんてそんな〜と思ったそうですが・・・、ふと思
い出したそうです。
奥さんが乗馬をずっとやっていて、足毛の白い馬を買った年だったと。
もちろんスタッフの誰にもそんなこと言っていないし、陣内さん自身も忘れてい
たこと。

占い師を信じる気になった陣内さんは、あれこれ聞き出し、お金の問題を解決す
るには、
「ドラゴンタートルを、寝室に置きなさい」
と言われたのだそうです。

そこで陶器製の大きなドラゴンタートルを二つ購入し、重い思いをして両手に
持って帰国。
言われたとおり寝室に置いたところ・・・、びっくり仰天。

翌年、連続ドラマの仕事が続いて入り、CMも2本立て続けに入って来て、なん
と収入が2倍になったのだそうです。
すごいですね〜〜。


この話にもちゃんとオチがあって、
息子さんが小さかったので、玩具とドラゴンタートルを戦わせて遊んでいたとこ
ろ、顔が欠けてしまったのだそうです。

すると奥さん、烈火のごとく怒り、
「○○ちゃん! 何やってるの!! これはパパの大事な物なんだからぁ!!!」
と叱ったのだとか。

「それ以来、ぼくの人生下り坂なんですよ〜」
と陣内さんは皆を笑わせていました。

なにしろ借金の元金は10億円ですから、金利を合わせると20億円くらいにはなっ
たそうですが、25年かけて無事完済したそうです。


さて、問題です。
この「ドラゴンタートル」の正体とは?

風水をかじったことのある方なら、もうお気づきのはず。
「龍亀(ロングイ)」のことです。

龍亀とは、
文字通り、「龍(ドラゴン)」と「亀(タートル)」が合体したような伝説の神
獣です。
頭部が龍で、胴体が亀のような甲羅になっています。


この龍亀の置物は、風水では非常に重要なアイテムで、「正財運」、つまり
「働いて得られるお金」を増やしてくれるとされています。
陣内さんのケースでは、まさに仕事が増えて収入が2倍になったわけです。

龍亀の置物は中華圏で非常に人気があり、お店やレストランでしばしば見かけま
す。
銅で作ったものがほとんどなのですが、開運なびには今週、タイガーアイで作っ
たものが3点だけ入荷しました。
下記ページをご覧ください。
  ↓

龍亀 タイガーアイ置物
龍亀 タイガーアイ置物のサンプル画像



タイガーアイは仕事運アップの石ですから、正財運を高めるには効果の高いパワ
ーストーンです。そのタイガーアイで龍亀を造形してあるわけですから、強力な
相乗効果を見込めそうです。


ちなみに龍亀は、お店をやっているなら入口に置きますし、一般家庭では家の玄
関か、「財位」と呼ばれる位置に置くのが良いとされます。

もしかしたら、陣内さんの当時お住まいの家は、寝室が財位の位置だったのかも
しれません。

財位の解説も、上記のページで図入りで行っていますので、どうぞご覧ください。


 パワーストーンの意味は「パワーストーンなび」へどうぞ
 https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html


それではまた次回。
祈開運!



【今週の開運金言】

「幸福は、その人が真の仕事をするところに存在する」
(アウレリウス)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』から
コラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

時代の変わり目に、龍体が目覚める 2019-01-05

 
こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/

いよいよ新しい年を迎えましたね。
平成最後のお正月、いかがでしたでしょうか?

一年のスタートであるこの時期に「最後の」なんて終わりのフレーズを使うのは、
本来は慎むべきなのですが、今回はあえて使ってみました。

その理由は、文字通り、「終わりは、始まり」だからです。


今年の5月には新しい天皇陛下が即位され、新しい年号が始まります。
西暦でみても2010年代の終わりの年であり、来年から2020年代に入ります。

まさに今は、「時代の変わり目」なのですね。

これほどの変わり目は、人が生きている間にそう何度もやってくるものではあり
ません。
私たちは今、とても特別な時間帯にいると認識したほうが良いでしょう。


以前のメルマガで、「大晦日は時空間が切り替わるので、天の扉が開くタイミン
グになる」と解説しましたが、より高い位置から時間の流れを俯瞰すれば、今年
は時代という名の大きな流れが切り替わるタイミングです。
ちょっと乱暴な言い方になりますが、「(時代の)大晦日が、一年間にわたって続
く年」とでも表現すれば伝わるでしょうか?

つまり、より高次元にある天の扉が、長時間、開かれることになります。


こうしたタイミングでは、吉凶が両極端に現れます。

「天の気」の大きな流れが切り替わろうとするので、地にもたらされる運気も、
一年にわたって不安定な状態になりがちです。
社会情勢や経済状態も不安定になり、ちょっとした出来事が必要以上に大事件に
発展しやすくなります。

一方で、固定観念や既得権益を壊しやすくなるため、今までとは思いもつかぬ方
法で身を起こして新しいリーダーとして名乗りをあげたり、巨万の富をつかむ者
たちが現れたりもします。


日本という国自体にとっては、改めて申し上げる必要はありませんが、今後の原
点となる年です。

おそらく多くの人が、これからの日本がどうなっていくのか、不安を抱えていら
っしゃるとは思います。
しかし個人的には、この年を原点として、日本は新しい形の社会に大きく飛躍・
発展していくと予想しています。

おそらくバブル絶頂期のころ、日本が今のようにデフレと人口減少に悩まされる
ようになると予想することは難しかったはずです。
今後はその逆のパターンが、10年単位の時間かけて徐々に顕現していくと予想し
ます。

その意味でも、今後の原点となる2019年のテーマは、「日はまた昇る」で間違い
ないでしょう。
  ↓
《 2019年 日はまた昇る!》
最高の財運をもたらす太陽ブレスレット

《 2019年 日はまた昇る!》最高の財運をもたらす太陽ブレスレットのサンプル画像




--------------------



とはいえ、2019年が不安定な年であることに変わりはありません。

今年だけではなく、今後数年にわたって、ネガティブな出来事にも動じない、さ
らに強い支えが必要となってくる人も出てくることでしょう。
そんな方々のために、いったい何を用意すれば良いのだろうと、昨年ずっと考え
ていました。
しかし答えは得られぬまま11月の後半を迎えてしまい、焦りを感じたとき、突如
イメージが現れました。

龍でした。
それも、九つの頭を持つ龍。

なるほど、と思いました。
バラバラに考えていたいくつかの点が、瞬間的にひとつの線でつながった感覚で
す。

日本を復活させるのは、やはり太陽の力です。
古来より日本は「日出づる国」という存在であるからです。
日本は太陽の国です。
そしてその力を物質界に具現化させるのは、龍の力です。
神の力を伝える眷属(けんぞく)の中でも、最高位に位置するのが龍です。


これはよく知られていることですが、日本列島は大きな龍の形をしています。
日本の国土自体が龍体であり、龍脈なのです。

また、ディープなスピリチュアル系の人々の間では、古代、天皇家の祖先は龍蛇
族の化身であったと語られています。

さまざまな意味で、2019年から新たな龍体が生まれ成長していくと言えるのでし
ょう。

ということは、今年に限らず中期的な視点で観た場合、龍のパワーこそ日本と日
本人に必要なのだと直感しました。
しかも、九つの頭をもった龍、すなわち「九頭龍」が現れたということは、おそ
らくそれだけ「あれもこれも対処しなければいけな事柄が多い」ということなの
でしょう。

それを確かめるべく、師走に入って慌ただしい時期に準備を整え、箱根の九頭龍
神社に出向きました。

この地は、非常に強力なパワースポットです。
日本には九頭龍を祀った神社は多くありますが、箱根の九頭龍神社は日本最大の
霊峰・富士の近くにあり、富士山からは龍神が天と地を行き来しているとも言わ
れています。


冬晴れの良い天気でしたが、九頭龍神社のある芦ノ湖畔は冷たい風が吹き、参拝
は決して楽なものではありませんでした。

しかし、結果的に大正解でした。

直感で得たビジョンとぴたりと重なり、お客様にお分けできる用にと持って行っ
たブレスレットに、九頭龍神の波動がお入りになるのを感じました。
詳しくは、下記ページをご覧ください。
  ↓
2019年 開運龍盛!
九頭龍 御神徳 ルチルブレスレット

九頭龍 御神徳 ルチルブレスレットのサンプル画像



参拝の様子をもう少し詳しく書きたかったのですが、少々長くなってしまいまし
た。
また次の機会があれば、お伝えしたいと思います。



なお、先日お年賀メルマガにも記載致しましたとおり、開運なびでは迎春セール
を賑々しく開催しておりますので、どうぞこの機会にご利用ください。
  ↓
迎春セール・キャンペーン2019
1月21日(月)午前11時まで

迎春セール・キャンペーン2019のサンプル画像



セール品のなかでも、下記の水琴鈴ストラップは、初回入荷分が在庫僅少になっ
てきました。どうぞお早めにお申込みくださいませ。
  ↓
2019年の金運を呼ぶ!
『金の招き猫』水琴鈴ストラップ(ルチル付き)

『金の招き猫』水琴鈴ストラップ(ルチル付き)のサンプル画像




それでは、本年もよろしくお願い申し上げます。
2019年も祈開運!



【今週の開運金言】

「運の良い人々とは、強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、粘り強い努力を続
けてきた人々である」
(ジェームズ・アレン『考えるヒント生きるヒント』)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』から
コラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー